院長挨拶

ごあいさつ

医院長
皆さんこんにちは、院長の青柳です。私は地元、常陸太田市の出身です。地域に密着したホームドクターとして飼い主様と一緒に動物に寄り添い、治療に取り組んでいきたいと思います。
 
病院のシンボルマーク「アイリス」は、私と妻の誕生月の花「アヤメ・菖蒲」から採りました。皆さまにも親しみを持っていただけたら嬉しいです。
 
開院して今年で8年目になります。この地域で診療を続けてきて分かったことは「ワクチンや予防薬で予防すれば罹らない病気に感染して受診される犬や猫が非常に多い」ということです。
 
犬フィラリア感染症は、2017年12月までに155頭を確定診断しました。猫の上部気道炎も初診時に高確率で罹患していますが、最初からきちんとワクチンを接種している猫では、ほとんど見かけません。
 
常陸大宮市は屋内外飼育の猫が多く野良猫との接触も多いため、猫白血病ウイルス(FeLV)感染症猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症に罹っている猫がかなり多いです。また、診察時に看護師が犬猫の体に付いたノミやマダニを発見することもしばしばです。
 
皆さん、きちんと予防をしませんか? その方が長い目で見ると治療費が安くなる場合が多いですし、たとえ多少高くなったとしても愛犬&愛猫が病気に罹って苦しむ姿を見るよりは、気持ちの上でも安心感が大きいと思います。そういう訳で当院は「予防医療」を積極的にお勧めしています。
 
私達は毎年、臨床セミナー&研修等を受講しながら常に成長し、さらに細やかなケアを提供出来るように努めています。スタッフ一同、皆様のご来院をお待ちしております。

 アイリス動物病院 院長 青柳 寿治

 

医院長
医院長
医院長